通称 自炊リーダーを考える

学生時代からの趣味でオタ系芸術系問わず画集や雑誌、映画や美術館のパンフを購入するなど、いろんなものが保存されているのですが、棚や押入れを圧迫。
そこで以前購入したSV600で、ちまちまデジタル化を進めました。

今回は溜まったデータを閲覧するいわゆる「自炊リーダー」を2つ紹介すします。というより、自分の備忘録。

■要件:閲覧するデータ
ZIP圧縮したPDF
ZIP圧縮した画像データ(jpg,png)
PDFファイル単品

以下の2つのツールはどちらも直感的に操作できるのでいい感じです。

■Androidプラットホーム
自炊本リーダー(仮)
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.binzume.android.bookreader&hl=ja

たぶんコレ1つで良いのではないか?
自分はNexus7(2013,LTE)を愛用しているが、こいつにデータを閲覧データを放り込んでおけば、自炊本リーダー(仮)を使ってどこでも読めるのが良い。

■Windows7プラットホーム
Leeyes
http://www3.tokai.or.jp/boxes/leeyes/
操作感の良いリーダー。susieプラグインに対応しているため、以下のプラグインを追加(Leeyesの実行ファイルと同じフォルダにプラグインを置く)することで要件を実現。

・jpeg のプラグイン
SIMD Enhanced JPEG Plug-in / Susie32 PNG Plug-in
http://www.nk2.org/amzip/
IFJPEGX.SPI

・PNG
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se090448.html
IFPNG.SPI

・zip
amzip – Yet another ZIP extract plug-in for Susie32 (Windows)
http://www.nk2.org/amzip/
amzip.spi

・rar
Rar extract plug-in
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se261123.html
axrar.spi追加

・PDF
http://yak3.myhome.cx:8080/junks/#misc.axpdf–_spi
axpdf–.spi

最近裁断機と合わせてiX500も欲しい。
20年以上前の漫画本や小説は、正直出版社によるデジタル化も期待出来ないため、風化して読めなくなる前にデジタル化したい