admin のすべての投稿

尖閣ビデオ流出問題。そして私はSengoku38の模倣者になった。

まいど嫁さんとの会話。

■夕飯?のカレーを食べている時に
ワシ「そういえば尖閣の投稿者が、判明したらしいね」
嫁 「朝、ネカフェがってやってたけど、もうつかまったの?」
ワシ「自首みたいだね」
嫁 「でも、君たちみたいな人種が本気でやれば捜査困難状態にでもできたんでしょ」
ワシ「まあ痕跡0は無理だろうけど、難しくはできるだろうね。でも・・・」
ワシ「この事件ってスタンド・アローン・コンプレックスを引き起こすんじゃね?」

ということで、この日記を書きたくなった。

■一応立ち位置のお話
・taisaは一応IT系ベンダーの自治体系SEというかPMである。よって政治ネタは基本チェックする。
・漫画・アニメ・ゲームは大好物である嫁もベクトルの違うオタなので、相互の許容している。
・両方とも攻殻はお気に入り

■まずは論点の整理:尖閣ビデオ流出問題について

アクター1:中国 資源、漁業等の利権などもあり今回の件では相当強気。
良い悪いを言うのは立場や視点の問題であるので避ける。
世界貿易の通念上のありえないとされていた、レアアース禁輸問題などあるが今回は論点としない。

アクター2:日本政府 主に政権与党
もともといろんな突っ込みたいが論点にしない。
尖閣諸島問題が発生したことで非公開、編集(6分)での限定公開。衝突当事者(船長)の釈放判断を地方検察の判断と押し付けたことなど、
やはり突っ込みたいが論点にしない。

アクター3:マスコミ
まあ、うん。

アクター4:sengoku38
今回の論点は「sengoku38」という存在。
本来秘密情報と言われている尖閣ビデオをYoutubeに放流。

アクター5:11月10日自首した海保職員
アクター4と同一人物か不明であるためあえて分ける。

アクター6:taisaの視点(一般人)
アクター6をあえて国民と書かないのは、自分が国民の総意とおもっていないからである。
ネットの住人の意見はエテシテ極端になる。社怪人として普通に生きたとしても
いまこの時の自分は、ITベンダーの社員でなく、愛する息子のパパでもなく、
taisaという1ネットユーザーでしかないため。

アクター7:その他(ネットやマスメディアにでてくる情報など)

■アクター4のリアルにおける問題点
彼(一応性別不明であるが、彼とする)の思想については、わからない。
「海保という国を守る立場にあり、周辺諸国の領海侵犯などから国・国益をまもる。しかし政府はなにをやっているのか!」
という所謂、義憤に駆られたのか?
「いま政権与党がグタグタだ。この動画で、倒閣ひいては政権交代の種になる」
という政治信条に立った行動なのか?
「この動画、投稿するとおもしろいことになるんじゃないか?」
という愉快犯的思想なのか?

正直わからない。
彼のアカウントはすでに削除され、語る口を失っている
しかし、いわゆる秘密情報を公開したという、情報漏洩という犯罪の可能性という
事実と、また、この動画によって多くの人に影響を与えたという事実だ。

※私が犯罪の可能性と明記したのは、最高裁は1977年の判例で「①一般人が知らない②秘密として保護するべき」
と守秘義務の範囲を明確にしている。
今回②については政府としての判断にかかわる箇所であるため該当するかもしれないが、①については
「国民の知る権利の観点から、公務員の守秘義務の範囲が安易にひろがらないようにした」
「今回は流出前から、海上保安庁が船長逮捕の会見で衝突の経過を詳細に説明し、衆院でもビデオが限定公開されて議員がその内容を記者に説明しており、一般人が知らない情報とは言えないのではないか」
という観点で微妙であるため「可能性」と明記した。
→ソース 読売新聞11月10日

ただし、これが民間企業であれば情報漏洩として社内的に処罰される。
そのぐらいギリギリのラインである。

■アクター5(自首した人)の行動とアクター7(その他)やアクター3(マスメディア)のポイント
記者「なぜ告白をしたのか?」

Sengoku38とされる海上保安官
「この映像は一般の国民の誰もが見る権利のあるものだ」
一部理性じかが機密でないものを機密として扱うのはどうかと考えた」

記者「どうやって映像にアクセスできたのか?」

Sengoku38とされる海上保安官
「海上保安官であればいつでも見られる情報だった。機密という形ではなかった」

Sengoku38とされる海上保安官
「職を失うのは覚悟している。家族はいるが…」 ※涙を見せる。
※sengoku38が読売テレビの山川記者に語ったらしい

このセリフはアクター4(sengoku38)という偶像に、義憤に駆られた英雄という性格付けを与えた。
この時点で、彼がアクター4と同一人物であるかは別として、
この性格付けにより、尖閣ビデオは「英雄により拡散された告発」という性格になった。

嫁「海保とかには、まだこんなに国家のためを思って行動できる人がいたのだね」

この言葉が物語っている。

■スタンドアローンコンプレックスと感じる行動
この言葉は『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』からきている。

アクター1(中国側)やアクター2(政府および政権与党)という存在に対する不満。
アクター5(自首した人)およびアクター3(マスメディア)によって英雄となったアクター3(sengoku38)は、
アクター6(taisaなどネット住民)やアクター7(その他一般国民)によって架空の犯人像を誇張されるとことなり、
sengoku38の行動を模倣する人を量産すると考えられる。

たとえば、数ヵ月後 内部告発者が、政府の秘密情報を発表したとする。
その時の情報化社会における情報の伝播や思想の拡散を考えれば、あらたな架空の英雄として
受け入れられる可能性さえある。sengoku38という行動があるため、受け入れる許容ができてしまうのだ。

すでに性格付けがされている。
そこが「事実かどうか」ではなく、「どう思われているのか」という架空の犯人像がポイントとなる。

英雄とは、模倣されるものである。
そして模倣者を媒介として、新たな模倣者を生みだすのが、ネットと言う情報化社会の側面である。


■考えと言い分け
私自信、一部とはいえ自治体の秘密情報にアクセスする権限を持つ人間として、各種守秘義務によって制限されている。
そんな社怪人的立場にすれば「犯罪」または「犯罪に近い行為」であり「国家の情報管理の崩壊を感じさせる問題」であり、許されることではない。
しかし、感覚論として「よくぞ公開してくれた」という意見ももっている。
今回の問題に対しては、各所からでてくる情報を複数眺めて大いに疑問があった。
それは自分が民主党政権自体をあまり快くおもっていないというバイアスは抜きにして、「おかしい」と感じていたからだろう。

こんな文章を書くと、「相当中国も嫌いなんだろ」と言われるとおもうが、
私個人にも中国人の友人や台湾在住の知り合いもいる。(このサイトをきっと見るとおもう)
中国の歴史や遺産・文化も好きである。
重要なビジネスパートナーでもある。
ただ現在の社会体制や、いわゆる中華思想については疑問を感じる。
しかし国、協力もすれば対立もする。それは国益の世界である。
ある商談では手を握り、またある商談では激しく戦う。企業間と何ら変わらない。
だから今回は日本人であるtaisaとしての意見を書いた。

■オチ
ワシ「これは、ブログに書くしかない。スタンドアローンコンプレックス的に模倣者になるな」
嫁 「捕まったら俺がsengoku38であるって言い張るの?」
ワシ「・・・・」

■さらにオチ
攻殻のOPでもリンクにはろうと、探していたら良いモノを発掘した!
ワシ「 パーフェクトだと囁くのよ私のゴーストが」

蛮族英雄(バルバロスヒーロー)のレビュー

さて20日になり書店に並んだようなので、レビューというか感想を書こうと思う。

まず、結論からいえばSW2.0やTRPGに興味がある人は、
すさまじくお勧めします。

いままでSW2.0のリプレイでお勧めは?と言われると以下のをお勧めしていた。

新米女神の勇者たちシリーズ

【卓M@s】続・小鳥さんのGM奮闘記 Prologue【ソードワールド2.0】シリーズ

しかし、つぎからは蛮族英雄を加えよう!と思うぐらいおもしろかった。

良いところ
・最近の風潮か、リプレイ=ライノベライクなものがおおかったが、GMやプレイヤーがフューチャーされており、リプレイ風景が良くわかる本。
 ⇔ストーリー押し付けなら小説でも書きやがれ的リプレイが多い中、プレイヤーとの掛け合いやGMの苦悩?が面白い
・GMがハーフということで、アメリカと日本のRPGやゲーマー感覚違いがでてて面白い。
・アメリカンスタイルというか殺意高めなマスタリングに好感。
・グラランは嫁。

う~ん?と思ったところ
・姫騎士プレイもいいが、繰り返しすぎてうざい・・・。
・スタートダッシュのドレイク設定披露。実プレイだとGMは内心引くんだよね・・・

実際こんなプレイヤーも多いし、限られた紙面と情報でのバランスを考えれば実プレイでは、そうでもないだろうが文章にすると食傷気味。
言葉の選び方だけで印象変わる。それに、このぐらいのポイントは「良いポイント」が大きく上回ってるので問題なし。

ベーテ氏が今後どのような作家として成長するか楽しみであり、
成長次第では・・・その辺のリプレイ系作家ごぼう抜きするんじゃないかな~と期待。

とりあえず、そんな感じでした。
よし、次のセッションでは、蛮族PCを一人いれよう!そうしよう!

蛮族英雄と雑談

さて、最近TRPG熱が復活してきた。
月に2回ほど、オンラインセッションでソードワールド2.0を遊んでいる。
ほぼ全てGMだったりするのだが・・・

さて、SW2.0の新しいリプレイ「蛮族英雄」が、若干早くでまわっていたので入手し読んだ。

発売前のネタバレはよくないので、内容については割愛。

ワシ的にはかなり面白い。
アメリカと日本の感覚との違い、GMとプレイヤーの関係など良くかけてるとおもう。
肝心のプレイ自体については・・・まあ一部以外はおおむね良い。

個人的にちょっと「ウザ!」ってところもあるが、その要素が全体を破壊するほどではない。
まあ、こんなプレイヤーも実際いるからね。

最後にどうでも良い話。

嫁さんとの会話。
嫁「ある程度年齢を重ねると、完璧キャラは嫌いになるよね。最近アホ子やバカキャラが好きになるよね」
ワシ「うん。人間完璧じゃないから面白いのだよな。」

あと、マクロスF映画版 イツワリノウタヒメをDVDで見直す。
※家族と2回劇場に突撃
嫁「劇場版やTV版みて、シェリルがいい女ってうちの息子が感じるのは何歳ぐらいだろう」
ワシ「すくなくとも中学生ぐらいまでは、その良さわからないんじゃね?」

「岡崎市立中央図書館HP大量アクセス事件(通称Librahack事件)」(嫁さんに質問されたので要約)

ワシ自身、自治体のシステムを作ったり運用仕事をしていることから、
政治ネタと社会システム系ネタはチェックしている。

今日家で夜食を食べてる時に、
「例の図書館システムの件、結局どんな問題なの?」
と嫁さんにきかれた。

この図書館システムの件、というのは「岡崎市立中央図書館HP大量アクセス事件(通称Librahack事件)」のことである。
語弊もあるかもしれないが、IT初心者?の嫁向けにまとめると以下のような状況をまとめる。

【簡単な時系列】
①librahack氏(ツイッターのアカウント名より)が、自作プログラムで図書館の情報を収集するプログラムを作成。
 (いわゆるマッシュアップ用プログラムで、新着図書の予約とAmazonでの購入を行うプログラムらしい)
②岡崎市立図書館のホームページ(HP)にアクセス。
③実際のリクエスト数は別だろうが、4月2日から15日にかけて、岡崎市中央図書館のホームページに、計約33,000回のアクセスを繰り返した
④「③」の結果、ホームページを閲覧しにくい状態となった。
⑤図書館側が被害届を出す。
⑥いろいろ調査
⑦20日間の勾留を経て不起訴処分(起訴猶予)
※詳しい時系列はまとめサイト(http://www26.atwiki.jp/librahack/pages/16.html)を参照ください

余りにもいろんな問題があり、各立ち場において課題を抽出します。(全部じゃないです)

■Librahack氏の課題
・ありません
 「RFC 2616 HTTP/1.1の14.22」には提起されてますが、「特に、ロボットエージェントは、受信後に問題が起きた場合にロボットを操作している責任者に連絡を取るために、このヘッダを含めるべきである。」って感じなんですが、これが欠けてた?ぐらいですが。こんなもの課題にされたら、世の趣味プログラマーが死滅します。

■岡崎市立中央図書館の問題
・三菱電機インフォメーションシステムズとの関係が不明確なため何とも言えないですが・・・・ベンダーとちゃんと連携できていなかったのでしょう。
・被害届前に4名の個人情報とアクセスログを提出したこと。
 ※これは岡崎市個人情報保護条例第8条、図書館の自由に関する宣言の第3の2で謳われている
  「図書館は、読書記録以外の図書館の利用事実に関しても、利用者のプライバシーを侵さない。」という言葉とも矛盾

■三菱電機インフォメーションシステムズの問題
・正直下記のサイトを見ていただくのが良いのですが、あまりにもゴミなシステムを納品していること。
 しかも、サーバ性能をどれだけ上げても、今回と同じ問題が発生するというプログラムの根本的な欠陥がある。
 (この辺からは保守契約の内容にもよるのですが・・・)
・最大の問題はソフトの問題で検索が遅く使いづらかったため図書館職員から苦情があった際には,「ハードの性能が低いからだ」と答えていたようです。
 これが口頭による一次報告とかでなく、レポートレベルで出されたものだと、うちの会社なら虚偽報告で始末書物です。
・トドメは、朝日新聞記者神田大介氏が取材行動をはじめた6月24日前後の段階で、 三菱電機インフォメーションシステムズは岡崎と同様の障害を貝塚市以外に把握していなかったこと。
(私見)
 正直私もベンダーの立ち場なので、どんなことがあったのか想像がつきます。
 しかしそれなりに技術を持った担当者が、誠実に調査・対処すればこんなことはおこらなかったとでしょう。
 保守契約とかME&Sがもらえてないとかの事情があるかもしれないけど、この報道による損失は会社として大きいです。

 すくなくとも、自分が自治体担当者で図書システムのリプレースを考慮している場合、要求仕様書にこの辺の問題への対策と保守のルールと責任分解の提出を追加します。
 たとえ価格で該当業者に決まったとしても、確実にキックオフ会議で「本件のような事態への事前対処。また保守契約期間において発見された場合の瑕疵対応や体制・保守ルールの制定 などなど」
 確認要求山盛りでしょうね。

■愛知県警の問題、裁判所の問題、検察の問題
・難しいところです。
 システム内の話であるため、安易に結果はだせません。
 担当に判断できずとも、第三者の調査ができなかったなどの課題があります。
 また今回は不起訴処分(起訴猶予処分)です。これは前科はないものの前歴として記録されます。
 これは将来不利な情報となります。これが嫌疑不十分,または嫌疑なしと判断すべきであったのでしょう。

 ただし一部報道やツイッターで「警察によって表現を変更された調書」に促され不本意な調書にサインをさせる・・・というのがあります。
 これはシャレになりません。
 人間極限状態には結構簡単に陥ります。警察に拘留されるというのは、それこそ捕まる覚悟のある人間以外は・・・

 
———————————–
とまあ、こんなことを説明しました。
ただし家の中の会話なのでオチを付けることは忘れません。

図書館長曰く「 違法性が無い事は知っていた が,図書館に了解なく繰り返しアクセスしたことが問題

図書館のホームページをアクセスするには、事前に図書館に電話なり窓口なりで連絡して了解もらわないといけないんですね!(笑)
と話しました。まあ、我が家も浦安市さんの図書館のサイトを利用しています。なんせ、Web予約すると駅前の窓口に配送してくれるので
家から3分で受け取れる。返すのも窓口なので本当に便利です。

正確な情報や詳しい情報などは以下のサイトをご覧ください。
高木浩光@自宅の日記(7月10日と8月9日~9月5日現在)
 ・http://takagi-hiromitsu.jp/diary/

岡崎市立中央図書館事件 議論と検証のまとめ
 ・http://www26.atwiki.jp/librahack/

——————————
おまけ。
 人は間違いを必ずおこすものです。バグにしろ判断にしろ。
 発生させないのはベストであり、そのための日々の作業が重要です。
 しかし、いざ発生した場合の対処をどのようにするか。
 ここでお客様との信頼関係が構築されます。
 日本人だからではないですが、誠実であること。これは一つの美徳であり、問題を解決させるための数少ない対処方法だとおもいます。
 まあ、誠実であるために小手先の技も弄しないといけないのが、社会だったり会社だったりするんですが・・・

※日記のコメントはMixiでのみ受け付けてます。

【第5回MMD杯本選】を応援した?

さて閉会式です。
http://www31.atwiki.jp/mmdcup/pages/163.html

まずは、運営の方々おつかれさまでした。
そして参加された方々、素晴らしい作品の数々おつかれさまでした。

結果を論じるのは簡単ですが、やはり今回は総じてレベル高かった。
一度見直しましたが、やはり・・・レベルが高かった。
そしてきっと、第六回みたら同じことを言うと思う(ぉ

作品を生み出しても、新しい発想や技術がうまれる。
また次が始まる。
辛いとおもうこともあるが、また楽しいし楽しみだ。

最後に
■■■■ 第5回MMD杯エキシビション■■■■

御大将は最強だとおもう

☆感動返せ

☆感動どこへ?

以上。