「オリジナル」カテゴリーアーカイブ

底辺脱出!!誰でもなれる!なろう中流作家のなり

更新メモ ( ゚д゚)< これって見方変えるとリアルの仕事でも言えることなんだよね~

SS
 本編    : http://ncode.syosetu.com/n7357ct/
小説家になろう様

■紹介(抜粋)
 これを書く理由だが、思いついたというのと私向けの考えの整理というのがある。
 とはいえ、私自身がやってきて、中流作家ぐらいは自負していいだろうという意識からの書き込み故、初心者向けというより初心者卒業向けとなっている。
 それを踏まえて読んでいただけることを期待している。
 
 
■コメント
北部九州在住氏の作品
某所で紹介されており、面白かったのでウチでも紹介。

普段紹介している一次・二次Web小説とは意味合いが違う作品?
読む側からみればなるほど。
書く側からみてもなるほど。
と思うことが書かれているので紹介。

北部九州在住氏の作品は面白いのが多いので、いくつかを今週紹介予定

魔王の始め方

更新メモ ( ゚д゚)< エロ目的でなくても、ある意味王道ファンタジーぽさが良い

SS
 本編    : 


ノクターンノベルズ様

■紹介(抜粋)
人間不信の魔術師オウルが使い魔リルと共に、広大なダンジョンを作り魔王を目指す物語。地中を掘り、罠を仕掛け、魔物を配置し、村を襲い、徐々にその勢力を広げていくダークファンタジー。ハーレム、陵辱、暴力的・残虐的なシーン、催眠等の表現を含みます。(※完結しました)

■コメント
笑うヤカン氏の作品

本編は完結し、外伝など広く展開されている。最近では書籍化されている作品。
R18禁なのでお子様は読まないように。

主人公の魔術師オウルは人間不信のダンジョンバカ。
最初はダンジョンを中心に近隣の村を支配し、地域から国、最後は天界の理に喧嘩を売る。
でもダンジョンバカ。魔王は魔王であるが、どこか人間臭いあたりが面白い。

 

萌え絵師への道

更新メモ ( ゚д゚)< 編集依頼で挿絵が決まることはよく聞くけど、こんな変な作家先生の要望を叶えるのは大変そうだ

SS
 本編    : ttp://ncode.syosetu.com/s4980a/
小説家になろう様

■紹介(抜粋)
売れない少女漫画家のあたしが、なぜか萌え絵師を目指すことになりました。それもこれも、本業は格調高い純文学の大作家先生が気まぐれにライトノベルをお書きあそばされやがったおかげです。スイマセン今からでもこのオシゴトお断りするわけにはいきませんか。

■コメント
昔昔亭或処氏の作品

ある意味紹介コメント通りの作品。
ただし主人公も作家先生も一癖二癖あり、ともに勘違いしているあたりが面白い。

ハルジオン~口だけ野郎一代記~

更新メモ ( ゚д゚)<主人公がお兄様にしか思えない

SS
 SS  : ttp://ncode.syosetu.com/n9485cg/
小説家になろう様

■紹介(抜粋)
春風紫苑は己を愛している。否、己しか愛していない。
己を良く見せることにだけ全霊を注ぎ、全力で口車を回している。
その結果として僕っ娘メンヘラやメンヘラロリに目をつけられるのだが、口車は止らない。
これは自業自得の物語である――――そこには一切同情すべき点は無い。
膨れ上がる虚像、加速するメンヘラ。さあ、道化芝居を始めよう!

執筆の励みにもなりますので気に入ってくれたのならブクマ登録等してくれると嬉しいです。

2015年2月19日、第一部完結。

■コメント
先日紹介したやる夫スレブラジャー短編の作者、◆2U5iYLS3SE氏の小説。
顔だけ男が、ほどほどの才能で口先で生き残る。
しかし世の中は甘くない、ただひたすら事件が主人公を巻き込んでいく。

どうみても主人公はお兄様。逆鬼雲母は龍田さん
http://yaruosippu.blog.fc2.com/blog-category-94.html

すでに第一部が完結しているので、安心して読むことができる作品。

提督たちの憂鬱(仮想戦記)

提督たちの憂鬱(仮想戦記)

掲載
 SS : ttp://www.chaos01.sakura.ne.jp/index.html
 蒼の混沌様

■紹介(抜粋)
 オリジナルキャラである会社員・神崎博之が某提督に憑依する話です。お仲間も増えていく予定です。

■コメント
 西暦1905年、日本帝国海軍所属の巡洋艦和泉にある治療室で目覚めた青年は、未来の記憶を持っていた。
 
 しかし未来の知識を持つ存在は一人ではなく大量にいたため、日本帝国は新たな流れを生み出した。
 具体的には米国に勝つことを対価にお嬢様学校に情熱を燃やす変態を受け入れることであった(謎)
 
 人によっては好き嫌いの激しい仮想戦記ですが、個人的には結構好きなので紹介。
 なにより本編は完結しているので安心して読める。
 また、ガンダムSEEDのアズにゃんに憑依した青の軌跡(種)もおすすめ。