「9.その他」カテゴリーアーカイブ

2017夏アニメの途中感想

更新メモ ( ゚д゚)<感想のルール。5話以上見たもの マイナス評価オンリーは載せない(例外あり)

■Fate – Apocrypha
 さすが型月。いろんな意味でパワーがかかってるのだろう。
 良い動きをする。
 キャラデザも良い。
 しかしシナリオについては、Fateをまったくしらない嫁さんが「内容がわからない」と言ったように、いろいろ前提知識が当たり前のように要求されている。そのため、知らない人には話がぶつ切りに見えてしまう。

 とはいえFGOユーザーであり、古くから型月ファンの私としては、楽しく視聴継続中。

■ReCREATORS
 キャラデザ、アニメーションとしての動き、シナリオ。セリフ回し全てにおいて高レベル。
 個人的には17話のブリッツと作者の会話が最高に好み。

 ただし現在明かされている敵の動機が、「趣味(≒同人)で書いてた絵がたたかれて自殺した作家のオリキャラが、復讐のために世界を巻き込んで破壊活動」というのが個人的にいただけない。
 しかし、透けて見えるのが「実は破壊自体が目的ではなく、騒動を起こすことによって自殺した作家の作品を世に刻みたかった」ってなりそう。

 どっちにしろ作品の出来が良いだけに敵の目的という一点だけが陳腐に感じてしまい残念でしょうがない。
 全体の完成度だけなら、間違いなく同時期放映のアニメで評価1位とおもう。しかもこの作品はオリジナルアニメなので、本当の意味で一発勝負をしているのでなおさら高評価。

■NEW GAME!!
 息子となんとなくよく見るアニメ。

 現実のゲーム開発現場は似ても似つかないというか、こんなストレスレスな場ではないのですが・・・・・・。まあアニメの中ぐらいは、夢があっていいよね~。

■ひとりじめマイヒーロー
 今季の腐枠

 嫁さんがみてるが、どうやらエンディングしか見ていないようだ。いや、このエンディングは良いのだが、藤井フミヤ氏の許可がよくでたよな。男子高生の学園日常ものといって許可とったのか?


我が家的にはEDがすべて

■ナイツ&マジック
 Web版および原作も読んだ作品

 キャラデザ良し。動き良し。ただし個人の好みで言えば、シルエットナイトの走るモーションも含めて重量感を感じないのは残念。

 ストーリーに関しては端折りすぎて内容が残念。シルエットナイトの開発と戦闘あたり(里に行くあたりで終わるのかな?)を中心にしたかったのはわかる。そのため幼年期の努力や友人との切磋琢磨、開発までの試行錯誤はすべてカットされ、結果はドラえもんのように新技術を出続けることになり、唐突感がすごい。

 あと文章を読んでいるときは気にならなかったのだが、映像でみると主人公がわがまま放題のキモオタに見えてしまう。そして相対的に周りの大人たち(特に開発陣営)が無能化しているように感じる。

 ・・・・・・と不平不満をたらしながら全部見ている気に入っている作品。

 しかしOPおよびEDはごめんなさい。

■ようこそ実力至上主義の教室へ
 キャラデザ良し。アニメの動きなど良し。
 1話から2話でいい感じに学園のルールなどが提示でき、ああなるほどと期待。
 しかし話が進むにつれ、孤高気どりの主人公が話にほとんど絡まず、まるで第三者視点のように物語が進むため、好みがわかれる作品。自分はNG、嫁さんは内容がイミフのため無効票、息子はOK。

 後半主人公が変わるきっかけがでて大きく話がうごくのかな?

 その辺も含めて気になる作品。


 実力主義という割に、5話までの描画では大したことないと感じる。
 成果主義の会社で仕事していると、所詮評価と点数でお小遣いが変わるだけでしょ? としかおもわんのだが。原作はもっと評価によって差がでる演出なのかな?

■異世界食堂
 ビバ 飯テロ。
 主人公が諏訪部とは思わなかったぜ!

 家族で飯テロ作品として拝聴中。主に夜中や夕食時w


なんでリンクメイトのCMが、異世界食堂のCM枠で流れてるんだろう??。ながすならグラブルアニメの時とかだろ

■異世界はスマートフォンとともに。
 ある意味この評価を書きたくて5話まで我慢して見た作品。

 自分の感想は、基本悪いと所だけ書くようならそもそも感想を書かないとしているのですが、あまりにひどすぎて、自分ルールすらも捻じ曲げて紹介したくなる作品。

 Web版はある程度読みました。もともとスカスカなストーリーで、主人公スゲーな周りしかいない状況。なにより主人公に目的がない。それがアニメになると以下の要素が加わる。

・必要のないブツ切りの場面転換と唐突な話
 →原作のストーリーや雰囲気をなんとか再現しようとした苦肉の策?
・量産系キャラデザ
 →予算がない? 時間がない?
・躍動感どころか何をしているのかわからない動き
 →むしろ口パクがあるだけマシ?
・スマホでできることだげが、魔法でできない世界。
 →原作も……

 この作品の正しい視聴方法は、「ニコ動でツッコミを共有しながら見る」だろう。

 しかし、なぜこの作品をアニメ化しようとおもったのだろうか。そこまで原作が不足しているのか?
 それとも世間ではこれが良作品で、これが当たり前なのか? 最近のマリオは死なないらしいし。

 どっちにしろ、いろんな事に気付かされる作品。

2017年春アニメの感想

更新メモ ( ゚д゚)<コミケの入稿終わったのでやりたい事をいろいろやるテスト

■2017年春アニメの感想
感想のルール。全部みたもの。継続中は次回の感想に

1.グランブルーファンタジー
 ・全話視聴
 
 作品自体は嫁さんも同じ感想だったのですが、20年前のセル画アニメ時代の冒険ものをみているような感じ。
 ストーリーが決して悪いわけではない。少なくとも序盤の入りからして決して悪くはなかった。
 しかし演出?なのかもしれないが主線が変に残ったアニメ絵がいまいち。というよりも、個人的に汚いとさえ感じた。

 あとマグナ戦。人間が怪獣サイズの存在と戦うシーン。ゲームでは毎日日課になってるマグナ狩りなわけだが、戦闘シーンはあまりに残念だった。足場のない空間。サイズ違い。その中でどんな戦い方をするのか。どんな演出を見せてくれるのか?

 え? 特攻? しかも一撃?

 てか最終話のジータ。どうみてもクラスⅣになってるよな! おまでならいろいろ戦えただろ!!

 アニメとしての評価は個人的低いものとなってます。

 が

 おまけコードとサントラ目当てで円盤買ってるます。
 

2.ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝
 ・全話視聴
 
 本編のダンまち同様、丁寧なアニメのつくりになっている。ストーリー、絵の質、演出。どれも良い。ダンまちを知らない層が見たとしても、十分にわかるとおもう出来。

 ただ、全般的にカタルシス的な爽快感などはなく、キャラそれぞれの魅力やストーリーを掘り下げていく流れなので、人によっては何度も見たいか?といわれれば「う~ん」となってしまう。

 逆に言えば、一回は見ることをお勧めする作品。

3.正解するカド
 ・全話視聴

 フル3Dアニメ。違和感ありまくりの人間同士のシーンなどは置いておいて、異邦存在が突如出現し、人類とコミュニケーションが始まったというストーリーは凄く良かった。

 嫁さんとも毎週一緒に見ていたのだが、転換ポイントはもう一人の異邦存在が遥か過去からずっと存在していたというあたり。この瞬間、期待と作品が乖離してしまったのをよく覚えている。
 とどめは最終話。え? その理由で終わらせちゃうの?2話ぐらい前からヤンデレ風味だしてたけど、結局それって……ってな感じ。

 うん。
 
 アニメ全体で言えばおお勧めだけど、最後はがっかり展開という前置き付きのおすすめとなります。

4.終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?
 ・全話視聴

 クトリがかわいい。

 それはさておきストーリー、絵質はよし、戦闘は悪くないけどあくまでストーリー上の演出なので横。クトリとイチャイチャしつつ、崩壊後の世界を生きる人たちが丁寧に描かれた作品。

 クトリがかわいいとおもえるか否かで、この作品のおすすめ度合いが変わる。そのぐらいヒロインが立った作品。

5.弱虫ペダル NEW GENERATION
・全話視聴

 うん。君たちは、時間的な進みは遅いけどシッカリ原作を意識しつつ一歩一歩進んでください。ファンもをそれを期待して見続けるだろうから。

 ただし舞台のほうはNOで(ハンドル持って走るシーンだけはどうにも許容できませんでした)

6.エロマンガ先生
・全話視聴

 エロマンガ先生がかわいい

 原作もだけどアニメも一話一話のテーマが読み取れて、シッカリしたストーリーで書いているのではずれがない。重いテーマもなく、頭を軽くして見れる作品はいまどき少ないので、楽しめた作品。

7.進撃の巨人 Season2
・全話視聴

 少ないよw。原作に追いついてないからもっと先まで作ってください。

8.冴えない彼女の育てかた♭
・全話視聴

 普通に創作活動やってるあたりは面白く、キャラもかわいい作品。
 前期もだが、同人ゴロがでてくるあたりで面白くなくなる。逆にそこを許容できる人には、それぞれのキャラのかわいさや、同人制作という波乱万丈を追体験でき楽しめる作品なのだろう。

( ゚д゚)<同人に二十年かかわってりゃ同人ゴロのごたごたを聞いたりかかわったりすることもあるが、ラノベやアニメという趣味の世界で見たいとは思わない。どうせ書くなら大同人物語のような(無理)

【R-18(G)/TS】 夜霧の戦線 -第二次諸国民戦争回顧録- 【あんこ】

更新メモ ( ゚д゚)<第二次世界大戦 ドイツ優勢で停戦ルート

SS
 1スレ :http://yaruoshelter.com/test/read.cgi/yaruo001/1483793981/2883-
 2スレ :http://yaruoshelter.com/test/read.cgi/yaruo001/1485689053/
やる夫シェルター 様

■紹介(抜粋)

■コメント
 ◆87E/TS/tsA氏の作品

 魔法有りの仮想戦記もの

第二次世界大戦ごろのドイツを舞台にした、仮想戦記
 凡人サラリーマンが神に殺され、マッチポンプのようにtsして転生させられる。

 時代背景や年齢など、幼女戦記のようだが、あくまでダイスの導き。本人は望んでいないのに英雄への道をひたはしる姿は、存在Xに翻弄されるデグ様。
 現在、第一部がおわり第二部スタートしたところなのでご紹介。

 ぜひ、このまま突き進めてほしい作品

 ○○○

オーバーロード劇場版 前編 不死者の王(2月25日より)

公式:http://overlord-anime.com/

ってことで第二期を期待していたら、劇場版がきたでござる。

先日SAOの劇場版に続き、楽しみでならない。
我が家は家族で角川シネマ新宿で見る予定。

あと特典の「プレイアデスな日」ですが、一部のオーバーロード二次創作 作者に限定公開されたものと、
コンセプトは同じだが書き直しされたもののようです。

どっちにしろ楽しみです。感想は後日……

ユーリ on Ice

公式:http://yurionice.com/

コミケ製作期間ならびに、今年の冬でもっとも再生回数が多かった作品だろう。一挙再生にして何回ループしたことか。
もちろんサントラも含めてCD購入済。

もともとワシも嫁さんもフィギュアスケート好きで、ワシは浅田真央選手がジュニア最後の年から。嫁さんはさらに前からのファン。

アニメでなければ表現できない演出などもあり、競技の部分だけみても面白い。さらにキャラ付けや演出に、フィギュアファンがにやりとするようなところが多々あり。例えばヴィクトルだが、グランプリファイナル4連覇は羽生選手が今年実現。個人的に男子でステップの評価が高いというイメージは高橋選手とか。

また、今回英語版の配信も実施されているためか世界での注目度も高い。

具体的には以下の通り。

●現世界チャンピオン、ロシアのエフゲニア・メドベデワ選手
https://twitter.com/JannyMedvedeva/status/791761186572210176/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw
訳「初めてユーリオンアイスのコスプレしてみたの。お手柔らかに。」現役ロシア代表ならではというか、ほかに真似できないコスプレ

●男子フィギュア全米王者(3回)ジョニー・ウィアー選手
https://twitter.com/JohnnyGWeir/status/807437964187930624?ref_src=twsrc%5Etfw
訳「ヴィーチヤ・ニキフォロフ(ヴィクトル)はほとんどジェーニャ(エフゲニー・プルシェンコ選手の愛称)だよね!ヴィーチャに動揺させられっぱなし。見るのは一日一本に我慢しなくちゃ」

7話のシーン
https://twitter.com/Tania_and_Bunny/status/798993302041202689/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw
これはリツイートされたものですが、まあご本人様だったりします。

●ラトビア代表・デニス・ヴァシリエフス選手
https://twitter.com/DenissVasiljevs/status/800730214426759168/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw
訳「NHK杯で日本に行く前に「ユーリ!!! on ICE」の続きを見とかなくちゃ!」
ヴァシリエフス選手の右隣の男性は、ヴァシリエフス選手のコーチでトリノ五輪銀メダル、世界選手権で二度優勝している往年の名選手、ステファン・ランビエールさん。

ちなみにこのステファン・ランビエールさん……最終話にご本人降臨。

●織田信成さん
https://twitter.com/nobutaro1001/status/789070858576769024?ref_src=twsrc%5Etfw
ちなみにご本人様、10話の予告から本人降臨 織田信成(CV.織田信成)

ちなみに冬コミで、ワシと嫁さんは自分のサークルにいながら、ユーリコスの人たちを探してましたw
まあアインズ様コスの私が探し回り写真をお願いすることはできなかったのですが。

来年もグランプリファイナルの時期に第二期をぜひ放送してほしい作品。

ちなみにユーリつながりで温泉でかつ丼食いたくなって浦安万華鏡に突入
http://urayasu.ooedoonsen.jp/

ピロシキ食いたくなると、銀座にある「渋谷ロゴスキー」でテイクアウト。おいしいよ
http://www.rogovski.co.jp/