「9.その他」カテゴリーアーカイブ

SSL化対応完了

とりあえずchromeサンがHTTPSにしてないサイトは全部危険(な可能性をはらんでいるぞ!)という動きになるので、変更となりました。

HTTPS でも HTTP でも 両方対応してますので、
RSSなどはそのままでもOKですが、
ブラウザからくる前提であればブックマークのHTTPS化をお願いします

とあるエロゲシナリオライターの日常

更新メモ ( ゚д゚)<個人的かなりおすすめな作品

SS
 本編 :https://kakuyomu.jp/works/1177354054881024505
カクヨム 様

■紹介(抜粋)
売れないエロゲライターの愚痴にまみれた日記。
あるいは間違っているかもしれない業界事情を訳知り顔で語るエッセイ。

これはフィクションである。
誰がなんと言おうと、虚飾にまみれたフィクションなのである。
ということにしておいてくれ。

■コメント
 ひょうろくだま氏の作品

 どちらかといえばエッセイだろうか。

 あまり過去の話をするのはあれですが、自分も大学生時代、フリーでゲーム業界(コンシューマもエロゲも)に片足を突っ込んでいた時期がありました。もちろん報酬をもらったのだからプロだというレベル。しかし、その当時からの友人知人。長く同人業界で好き勝手活動していると同好の志も多く、エロゲ業界やコンシューマーゲーム業界に進んだ友人も多くいます。

 そんなわけで本作もいろいろ思いながら読ませていうただきました。

 さて感想というか紹介ですが、エロゲのライターという視点でつづられています。長い経験に裏付けられた関連のお話や業界のお話も、なかなか面白いとおもいます。

 ライター志望だけではなく、ゲーム制作に興味があるかたは一度読まれることをお勧めします。

※※※
 触発されてちょっとだけ

 今からちょうど20年前、上記の通り、過去ゲーム業界などに比較的近い場所に私はいました。自分に才能があったかというと、正直無かったと考えています。しかし運はありました。

 同人活動や大学のサークル活動を通じて横のつながりを広げ、幸運なことにキーとなる方々と出会いました。もし、そのままそちらで仕事を続けていれば、いまもコンシューマーかエロゲーの業界で仕事をしていたとおもいます。

 しかしそれを辞める選択をしたタイミングが22才の時にありました。

 当時は就職氷河期。大学の研究室仲間の3分の1が就職に困る時代でした。その時、もともとフリーでいろいろしていた私は大学の恩師(教授)とタッグを組み、ITベンチャー企業を立ち上げました。そして大学の就職未決定メンバーにプログラムを教えIT業界下請けを開始。自分は並行してゲーム業界の仕事も複数こなしていました。

 そんなある日、父親が癌であることが判明。

 もちろん当時でも癌は早く見つかれば治る可能性が高いのを知っていましたが、一家の長の死の可能性というものを実感するには十分な出来事でした。

 なにより、その時考えたのは中学生の妹のことです。最悪母親と自分は大人なので何とかなる。だが未成年の人間一人を養う。そう考えた時、ゲーム業界における収入の不安定さ、ITベンチャー企業の危うさ(実際、自分が抜けた翌年、同業他社に吸収されました)を改めて痛感したのでした。

 その後、父親は幸いなことに快方に向かい、半年後には復職しました。

 もっともその時の印象が強すぎたのでしょう。私は2年後、世間でいう大企業に転職しました。その代わり、趣味を辞める気はなかったので、結婚した今も同人活動に精をだしております。

 この選択が正しかったかはわかりませんが、すくなくとも私は後悔していません。(嫁さんも息子もいるしね)同時に、今もゲーム業界で働く友人たちには、尊敬の念をもっています。なぜなら、いろいろと苦境の中でもプロとして誇りを持ち、ユーザーに楽しんでもらいたいという思いから作品を作り続けているからです。

**** 

磯野、野球しようぜ

更新メモ ( ゚д゚)<

SS
 本編 :https://novel.syosetu.org/133908/
ハーメルン 様

■紹介(抜粋)
超高校級の天才投手・磯野カツオ
甲子園史上最高のスラッガー・中島

唯一無二の親友だった2人が、甲子園決勝で激突する!

■コメント
 草野球児氏の作品

 サザエさんの二次創作

 往年の野球漫画を見ているような、そんな気持ちになる野球小説。だが「さざえさん」だ。


 
 

BARグラズヘイムへようこそ

第二次世界大戦がはじまって間もないドイツのベルリン。
まだ戦火は遠く、人々の生活は賑わいを持っていた。
そんな街角に、小さなBARが一つ。

そこは古びれた店の外見によらず上手い酒とつまみを出す店だった。

そんな店に今日も客が訪れ、ひと時の安らぎが提供される。

ハーメルン様
https://novel.syosetu.org/135816/

PIXIV様
https://www.pixiv.net/series.php?id=884567

祝DiesIreaアニメ放送

本作執筆にあたりドイツ料理の希少な蔵書を公開いただいた地元図書館に感謝。てかなんであるんだよというレベル。見たこと無いモノが多数あり。

ジビエ専門書(各種鳥・ウサギ・鹿などの解体解説 写真付き)とか修道院レシピとか、あとドイツ語のメニューサンプル?とか参考になるわ~

注意)本作のバーテンダーは、前前作「BARナザリックへようこそ」のバーテンダーと関連あり。

『BARナザリックへようこそ』
ハーメルン様
https://novel.syosetu.org/68736/

PIXIV様
https://www.pixiv.net/series.php?id=627346

カクヨム様
https://kakuyomu.jp/works/1177354054880278936

2017夏アニメの途中感想

更新メモ ( ゚д゚)<感想のルール。5話以上見たもの マイナス評価オンリーは載せない(例外あり)

■Fate – Apocrypha
 さすが型月。いろんな意味でパワーがかかってるのだろう。
 良い動きをする。
 キャラデザも良い。
 しかしシナリオについては、Fateをまったくしらない嫁さんが「内容がわからない」と言ったように、いろいろ前提知識が当たり前のように要求されている。そのため、知らない人には話がぶつ切りに見えてしまう。

 とはいえFGOユーザーであり、古くから型月ファンの私としては、楽しく視聴継続中。

■ReCREATORS
 キャラデザ、アニメーションとしての動き、シナリオ。セリフ回し全てにおいて高レベル。
 個人的には17話のブリッツと作者の会話が最高に好み。

 ただし現在明かされている敵の動機が、「趣味(≒同人)で書いてた絵がたたかれて自殺した作家のオリキャラが、復讐のために世界を巻き込んで破壊活動」というのが個人的にいただけない。
 しかし、透けて見えるのが「実は破壊自体が目的ではなく、騒動を起こすことによって自殺した作家の作品を世に刻みたかった」ってなりそう。

 どっちにしろ作品の出来が良いだけに敵の目的という一点だけが陳腐に感じてしまい残念でしょうがない。
 全体の完成度だけなら、間違いなく同時期放映のアニメで評価1位とおもう。しかもこの作品はオリジナルアニメなので、本当の意味で一発勝負をしているのでなおさら高評価。

■NEW GAME!!
 息子となんとなくよく見るアニメ。

 現実のゲーム開発現場は似ても似つかないというか、こんなストレスレスな場ではないのですが・・・・・・。まあアニメの中ぐらいは、夢があっていいよね~。

■ひとりじめマイヒーロー
 今季の腐枠

 嫁さんがみてるが、どうやらエンディングしか見ていないようだ。いや、このエンディングは良いのだが、藤井フミヤ氏の許可がよくでたよな。男子高生の学園日常ものといって許可とったのか?


我が家的にはEDがすべて

■ナイツ&マジック
 Web版および原作も読んだ作品

 キャラデザ良し。動き良し。ただし個人の好みで言えば、シルエットナイトの走るモーションも含めて重量感を感じないのは残念。

 ストーリーに関しては端折りすぎて内容が残念。シルエットナイトの開発と戦闘あたり(里に行くあたりで終わるのかな?)を中心にしたかったのはわかる。そのため幼年期の努力や友人との切磋琢磨、開発までの試行錯誤はすべてカットされ、結果はドラえもんのように新技術を出続けることになり、唐突感がすごい。

 あと文章を読んでいるときは気にならなかったのだが、映像でみると主人公がわがまま放題のキモオタに見えてしまう。そして相対的に周りの大人たち(特に開発陣営)が無能化しているように感じる。

 ・・・・・・と不平不満をたらしながら全部見ている気に入っている作品。

 しかしOPおよびEDはごめんなさい。

■ようこそ実力至上主義の教室へ
 キャラデザ良し。アニメの動きなど良し。
 1話から2話でいい感じに学園のルールなどが提示でき、ああなるほどと期待。
 しかし話が進むにつれ、孤高気どりの主人公が話にほとんど絡まず、まるで第三者視点のように物語が進むため、好みがわかれる作品。自分はNG、嫁さんは内容がイミフのため無効票、息子はOK。

 後半主人公が変わるきっかけがでて大きく話がうごくのかな?

 その辺も含めて気になる作品。


 実力主義という割に、5話までの描画では大したことないと感じる。
 成果主義の会社で仕事していると、所詮評価と点数でお小遣いが変わるだけでしょ? としかおもわんのだが。原作はもっと評価によって差がでる演出なのかな?

■異世界食堂
 ビバ 飯テロ。
 主人公が諏訪部とは思わなかったぜ!

 家族で飯テロ作品として拝聴中。主に夜中や夕食時w


なんでリンクメイトのCMが、異世界食堂のCM枠で流れてるんだろう??。ながすならグラブルアニメの時とかだろ

■異世界はスマートフォンとともに。
 ある意味この評価を書きたくて5話まで我慢して見た作品。

 自分の感想は、基本悪いと所だけ書くようならそもそも感想を書かないとしているのですが、あまりにひどすぎて、自分ルールすらも捻じ曲げて紹介したくなる作品。

 Web版はある程度読みました。もともとスカスカなストーリーで、主人公スゲーな周りしかいない状況。なにより主人公に目的がない。それがアニメになると以下の要素が加わる。

・必要のないブツ切りの場面転換と唐突な話
 →原作のストーリーや雰囲気をなんとか再現しようとした苦肉の策?
・量産系キャラデザ
 →予算がない? 時間がない?
・躍動感どころか何をしているのかわからない動き
 →むしろ口パクがあるだけマシ?
・スマホでできることだげが、魔法でできない世界。
 →原作も……

 この作品の正しい視聴方法は、「ニコ動でツッコミを共有しながら見る」だろう。

 しかし、なぜこの作品をアニメ化しようとおもったのだろうか。そこまで原作が不足しているのか?
 それとも世間ではこれが良作品で、これが当たり前なのか? 最近のマリオは死なないらしいし。

 どっちにしろ、いろんな事に気付かされる作品。