「2.創作」カテゴリーアーカイブ

やる夫は大西洋連邦大統領になるようです【内政】

以前紹介したゴジュラス ◆ZX2DX6eltM氏のやる夫スレ
最近になり安価でやるお!様でまとめられるようになったので再度ご紹介

■まとめ
やる夫は大西洋連邦大統領になるようです
安価でやるお!様

■以前の紹介記事
【種】やる夫は大西洋連邦大統領になるようです【内政】

【種】やる夫は大西洋連邦大統領になるようです【内政】

ソシャゲダンジョン

更新メモ ( ゚д゚)<続きが気になる!しかし完結してしまっている・・・だと?!

SS
 本編 :https://ncode.syosetu.com/n2293em/
ハーメルン 様

■紹介(抜粋)
 ソーシャルゲーム風異世界に叩き込まれたとある高校の生徒たち約400名。
 その中の1人である新井忠次は自身のレアリティが高くも低くもない『R』であることに嘆きながらも隠しエリアや強力なアイテムを発見しながらステージクリアを目指すのであった。

 注意:なるべくわかりやすく書くつもりではありますが、ソシャゲをやったことのない人にはわかりにくい単語が多々含まれると思います。
    わからない単語や内容があったら適当にスルーしてやってください。もしくはスマホで適当に10個ほど無料ソーシャルゲームをダウンロードして適当に遊んでみてください。似たような要素がぞろぞろ出てきて理解の一助になるかと思います。

■コメント
 止流うず氏の作品

 ある意味で固定観念に縛られてしまってからの脱却が、いろんな意味で物語を面白くしていると思う作品。

 ある意味 小説1巻目って感じの出来。
 

うちの魔法科高校の劣等生にはオリ主転生が多すぎる

更新メモ ( ゚д゚)<童顔とはいえ30オーバーで高校生は無理がありゃしませんかね? とおもっても、世間の特殊部隊(アイドル系や役者系)には、いたりするからな~

SS
 本編 :https://syosetu.org/novel/144926/
ハーメルン 様

■紹介(抜粋)
魔法科高校の劣等生の世界に転生して36年。
国防陸軍の情報部にある零細部署の諜報員だ。

童顔を生かし、任務で国立魔法大学付属第一高校に潜入することになった。
これだけならオリ主転生モノだが、問題が。

どうやら俺以外にオリ主がいるようだ。
四葉の血縁として行動する転生者たちに諜報員として見抜かれず行動せねばならい。

下手に動いて「敵」認定となったらアレのアレして分解だ。

四葉の超優良血統チートイケメン転生者たちと、雑草系特殊チート転生者!
生き残るのはどっちだ!

————————————————-

初めての投稿になります。
オリジナル設定がちょろちょろ出てきます。
目標として横浜騒乱あたりで区切りをつけたいと思います。

■コメント
 madamu氏の作品

 魔法科高校の劣等生の二次創作

 オリ主ものではあるが、思想とは別に任務もあり、ちょっと別の視点からみる魔法科高校のようなお話になっている。ついに独自ルートに入ったようなのでご紹介。

 

小説投稿サイトでランキング一位を取らないと出られない部屋

更新メモ ( ゚д゚)<なろうでランキング上位を取るノウハウ系かとおもいきや

SS
 本編 :https://ncode.syosetu.com/n1077eb/
ハーメルン 様

■紹介(抜粋)
目覚めると、真っ白い部屋にいた。
部屋に一台だけあるパソコンのディスプレイには、こう表示されていた。
【この部屋は、小説投稿サイト『小説を書こう』のランキングで一位にならなければ出られない】
これは、何もない部屋に閉じ込められた男の、地獄の投稿生活を綴ったものである。

この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

■コメント
 理不尽な孫の手氏の作品

 オリジナル:完結作品

 まさしくタイトル通りの作品。試行錯誤から魔が差す瞬間。そして最後は作家としての無心になる瞬間。良くも悪くもモノづくりをする人はわかってしまう作品。

 小説家になろうらしく、さっくりと読める内容かつ完結しているので一気読みをおすすめ。

流血の錬金術師

更新メモ ( ゚д゚)<因果応報を感じるなかなか素晴らしい二次創作

SS
 本編 :https://syosetu.org/novel/141730/
ハーメルン 様

■紹介(抜粋)
ご近所のみんなに好かれる、世間ずれしたお金持ちの御令息で、
面倒見の良い、親切な優しいお医者さん。

そんな彼の二つ名は――――『流血』である。

■コメント
 蕎麦饂飩氏の作品

 鋼の錬金術師の二次創作

 鋼の錬金術師の二次の完結作品は結構レベルが高いものが多いと思っています。そのなかで昨年末に完結した作品をご紹介。

 年始に風邪を引き、布団の中で一気読みした作品の中で断トツのおもしろかった作品。

 完結しており読後感については、評価が分かれるとことではあるけど、私としてはまさしく因果応報であり続く世界を感じさせる良い終わり方と思っています。

 週末などに一気読みをおすすめします。