Category Archives: オリジナル

【艦これ】ファミ通4コマ103話 速吸登場の回

更新メモ ( ゚д゚)< そろそろ次のイベントも近づいてるので、いろいろ準備開始の時間かな

掲載
 掲載 :http://ct.webcomic-eb.com/viewer/EB/momoiryout_001/kantaikore_001/0103-0/index.html#page=1
 ファミ通コミッククリア様 ttp://www.famitsu.com/comic_clear/se_kancolle/

■コメント
 速吸登場の回
 
 洋上補給とはいえ、戦闘中にはできません。
 てかお前ら燃料を口からいれるのな。
 
 速吸は潜水艦トラウマか。しかし深雪、貴様のツッコミはイカン。

水没ダンジョン

更新メモ ( ゚д゚)< ダンジョンモノはエタるの多くて紹介しずらいけど、好みなんだよね

SS
 本編 :http://ncode.syosetu.com/n0061cv/
小説家になろう 様 

■紹介(抜粋)
転生してダンジョンマスター。入り口は広大な砂漠のど真ん中のオアシス…の傍らにある井戸の底。一体だれが訪れるのだろうか?
※誤字を減らすために一話当たりの分量を減らしたいと思います。

■コメント
 誤字王氏の作品
 
 ダンジョン・マスターとなったウオータードラゴン。
 がんばってダンジョンを作るも入り口は広大な砂漠の真ん中のオアシスの井戸の底。
 
 きっとコイン探しの勇者ぐらいしか来そうにない場所で、侵入者なんぞ来るわけもなくひたすら鍛錬し続ける日々。

 若干エタりそうなオーラがあるものの、第一章は区切りがついているのでご紹介。

迷宮と掲示板

更新メモ ( ゚д゚)< タイトルも秀逸だとおもうが、感想を見るとそれで避ける人もいるという驚きが……

SS
 本編 : http://ncode.syosetu.com/n1799br/
小説家になろう様

■紹介(抜粋)
目を覚ましたら目の前に扉があった。入ったら閉じ込められ迷宮探索を強制させられた極々一般人の男。
ゲームオーバーのないこの迷宮で、何度も全滅しながらひたすら使い魔と共に迷宮を攻略していくお話。
拠点を拡張したり、のんびり掲示板を眺めたりしながら進みます。
他にも多くのプレイヤーが存在しますが、お互いに遭遇はしない仕様になっています。

※主人公は先行組でも勇者や英雄タイプでもありません。地道にゆっくり強くなっていきます。無双もありません。中にはどうしようもない理不尽な死もあります。残酷な描写があります。苦手な方はご遠慮ください。

本編もオマケも完結しました。今まで応援ありがとうございました。

■コメント
Bさん氏の2013年の作品
完結済

以前、迷宮系の完結作品を探していた時に出会った作品。
迷宮に閉じ込められた男が仲間を作ったり、掲示板を見たりしながら迷宮を攻略する。

掲示板の向こうは主に変態多数

いわゆるご都合主義ハーレム系ではあるが、珍しい迷宮ジャンルの完結作品なのでおすすめ。
http://ncode.syosetu.com/n9881bx/
改訂版もあるが5章で止まり更新は期待薄

蝕む黒の霧

更新メモ ( ゚д゚)< 出版もされている作品。

SS
 本編 : http://ncode.syosetu.com/n6833bd/
小説家になろう様

■紹介(抜粋)
『人間を辞めてもらうから。』「ハイイイイイイイイイイイィィィィィィィィ!!? そして俺は人から魔王になって迷宮を作ることになった。 
※よくあるようなダンジョン経営物になる・・・かも? 後、不定期連載になるかもしれません。
※当作品では読者から何かを募集するような企画は行っていません。なので、感想などでそれらに関連することは書かないで頂けると幸いです。
※2014/07/25 オークラ出版様より「異世界じゃなくて、現実世界で魔王になったら -蝕む黒の霧-」として出版されました。詳しくは活動報告にて。

■コメント
栗木下氏のオリジナル作品

迷宮ものは数あれど、完結している作品が少ないのも事実。

ということでご紹介。
ちょいとR18未満の表現もあるが、
変わっていく世界とどこまでも自分本位な主人公。

なにより完結しているので、安心して読めるのがよい。

・あらすじで相当損をしている
・ところどころ一般的な感覚だと納得しづらい表現もある
・途中からダンジョンものじゃなくね?
を乗り越えられるかが最後まで読めるかの目安

銭(インチキ)の力で、戦国の世を駆け抜ける。

更新メモ ( ゚д゚)< 戦国モノの皮をかぶった財源外付けのチート内政モノでござる

SS
 本編    : http://ncode.syosetu.com/n7002cp/
小説家になろう様

■紹介(抜粋)
  人類が宇宙に進出してから数千年、零細運輸会社足利運輸の社長足利光輝は、元軍人で姉さん女房の今日子と弟の清輝、可愛げのないアンドロイド、キヨマロと共に、購入した宇宙船カナガワのローンを返済すべく奮闘していた。
 ところが、突然仕事中にカナガワごと異次元宙流に巻き込まれてしまう。
 飛ばされた先は過去の日本であったが、それは光輝達の知る歴史とは微妙に違っていた。
 誰よりも自分達が可愛い三人は、歴史が変わってしまう事も恐れずにこの世界で自由に生きていこうと決意するのであった。

(これは、昔に書いた某二次創作の原型を一回ぶん殴って修正したような作品です。一応歴史ジャンルに振り分けておりますが、本当の歴史物とは縁遠いと思いますので、そういうのが嫌いな人は読まないか軽く読み流してスルーしていただけたらと思います。あと、史実では活躍した人物が呆気なく死んでしまったり、その逆もあるのでその辺もご注意ください。)

 
  
■コメント
Y.A氏の作品

氏の某二次創作の原型をテキストで残し、何度も読み返した身としてはこの作品は注目せざる得ない。
信長がついに没したところまで進んだため紹介。

いわゆる持ち込み系チートオリ主。
本人が若干小心者のため、物語として成立しているがこのさじ加減は読む人を選ぶ。
歴史改変モノOK&チートオリ主OKの人にはおすすめ。


Y.A氏は八男をどんな風に収める(完結)のか若干楽しみ。