「二次創作」カテゴリーアーカイブ

この素晴らしい世界に龍玉を!

更新メモ ( ゚д゚)<くりりんのことかあああああ

SS
 本編 :https://syosetu.org/novel/97377/
ハーメルン 様

■紹介(抜粋)
転生特典でサイヤ人になった少年がこのすばの世界でカズマ達に毒されていくお話

■コメント
 ナリリン氏の作品

 この素晴らしい世界に祝福を!の二次創作


 

この素晴らしい世界に●●を!めぐみんのターン

更新メモ ( ゚д゚)<めぐみんは可愛い

SS
 本編 :https://syosetu.org/novel/162652/
ハーメルン 様

■紹介(抜粋)
カズマが魔王を倒してから世界が魔王軍の恐怖から解放され、私たちは今までのように面白おかしく生活していました。そしてパーティーメンバーで一番長生きをした私も今日で天命が尽きて天国での暮らしが始まると思っていたのですが…

私はもう一度あの世界で冒険ができるようです。

■コメント
 めむみん氏の作品

 この素晴らしい世界に祝福を!の二次創作

 めぐみんが可愛い。
 ちょっとの変化でまるでラブコメ(ギャグメイン)のような雰囲気に

Muv-Luv Alternative ~take back the sky~

更新メモ ( ゚д゚)<長編 ついに完結!

SS
 本編 :https://syosetu.org/novel/17716/
ハーメルン 様

■紹介(抜粋)
※本作は作者のホームページ『Wireless World Word』とマルチ投稿をさせてもらっています。

オリジナルハイヴを攻略した白銀武は、因果導体から解き放たれて元の世界に還っていった。その中で望んだことがあった。
失った仲間達の事を誇りに思っている。共に命を賭して達成した結果を覆したいとは思わない。故にやり直しは望まなくて。だが、考えることは止められなかった。

自分の大切な人達が失われなかった世界を、生き残った未来を。

一つの物語が終わり、世界は縫合されていく。数々の想いが狭間に消えていく。
虚数空間にあった“数多の白銀武”の道程さえも、全ては祈りと共に一つになって還っていった。

その中に光があった。星々が消えていく時の記憶のように、世界の亀裂から飛び出した虹彩の欠片、それを受け取ったのは近しい平行世界に居る少年だった。

彼はBETA大戦が起こっている世界の、幼き頃の白銀武で。

途方も無い絶望に潰される悪夢を受け取った10歳の少年は、走りだした。

人類の最前線、この世の地獄とも呼ばれるインド亜大陸へ。

―――――時は、1993年。

BETAに支配された空を仰ぐ戦場の中で、新しい物語が産声を上げた。

(2015/09/05追記)

ホームページの方で頂いた絵を追加しました。
タイトルの頭に『★』がついている話のあとがき部です。

『タイトル/投稿して頂いた方の名前』で、絵のタイトルは勝手ながら作者が考えさせて頂きました。

■コメント
 ◯岳◯氏の作品

 Muv-Luv Alternative の二次創作

 過去に紹介していた、作品
 ついに完結したので再度ご紹介。

 かなりの長編なので気合をいれて読んでいただければ幸い
 それだけの価値のある二次小説とおもいます。

選択肢に抗えない

更新メモ ( ゚д゚)<ギャグ

SS
 本編 :https://syosetu.org/novel/177298/
ハーメルン 様

■紹介(抜粋)
ノベルゲームには不可欠で、他にも様々なジャンルのゲームに出てくる【選択肢】という存在。その中身は多種多様で、好感度の上昇に関係する【選択肢】もあれば、仲間にするしないの大事な【選択肢】もあったり、逆に無くても問題ない日常的な【選択肢】もあったり。

これは、勝手に出される【選択肢】の中から、必ずどれかを選ばなければならない謎宿命を背負った少年のお話。

■コメント
 さいしん氏の作品

 インフィニット・ストラトスの二次創作

 

ノット・アクターズ

更新メモ ( ゚д゚)<たぶん2018年に二次SSで一番面白かった

SS
 本編 :https://syosetu.org/novel/173483/
ハーメルン 様

■紹介(抜粋)
 大多数のファンは、好きな番組の名前だけを覚える。
 熱中したファンは、好きな番組の俳優の名前を覚える。
 濃いファンは、監督・脚本・プロデューサーの名前を覚える。
 少し外れたファンは、服のデザイナーや、BGMを作った人の名前を覚える。

 でもでも、そこで一つの問題。
 番組に出た小道具や、映画に登場した衣装。
 それらを作る人達は、名前が出ることすらもない。
 インタビューで記事に載るのは、いつだって映画を作った主役達。

 作品を作る要。
 けれど、作者に非ず。
 演劇の舞台になくてはならない存在。
 けれど、演者に非ず。
 彼らがいなければ何も表現することはできない。
 けれど、表現者に非ず。
 小道具、大道具、舞台作り、衣装作成。

 その者達、演者に非ずノット・アクターズ。

■コメント
 ルシエド氏の作品

 アクタージュの二次創作

 えっちゃんや仕立てさんや水没さんなど一部界隈で絶賛された二次SS作品。アクタージュの世界を凄腕裏方の視点語る作品。
その内容のすばらしさから特撮スキーや舞台界隈、そしてモノづくり界隈の人から絶賛中。

 ルシエド氏はもしもFGOがゲームではなく大人気実写特撮映画シリーズ『Fate/Grand Order』だったら「我が名はむきむき。紅魔族随一の筋肉を持つ者!」課金厨のソシャゲ廃人がリリカルなのは世界に神様転生してまた課金するようです といった作品の作者。