Category Archives: オリジナル

陰の実力者になりたくて!

更新メモ ( ゚д゚)<すぎた鈍感は・・・・・・

SS
 本編 :https://ncode.syosetu.com/n0611em/
小説家になろう 様

■紹介(抜粋)
 どこにでもいる普通の少年が――実は最強。
 そんな『陰の実力者』に憧れた少年が異世界に転生する。
 実力を隠して学園に入学し……誘拐された王女を正体を隠して助け出し……学園を襲撃したテロリストを秘密裏に抹殺する。
 これは『陰の実力者』を目指す彼が、人知れず世界の闇を滅ぼす物語。

■コメント
 逢沢大介氏の作品

 本人も努力が結実しているが、問題は思わせぶりなことを自動生成しつづける口が災いし、いつのまにか世界の裏側にというお話。
 シュタゲでおかりんが「機関のエージェントか!」といってたら、実際に機関が存在し秘密裡に動いており敵対していたという感じかな?

 個人的に前半というか第二章~第三章あたりまでが面白かったが、それ以降はどうも・・・・・・。

 いい加減気が付けよとおもうかもしれないが、気が付いてしまえば終わりというジレンマ。そのため主人公がバカになっていくというか、舞台装置化していくのは残念。

勇者様、うちの壺は割れますか!? ~壺職人になった天才最強少年は勇者を嘲笑う~

更新メモ ( ゚д゚)<クズしかいねえ(誉め言葉?)

SS
 本編 :https://ncode.syosetu.com/n0855fh/
小説家になろう 様

■紹介(抜粋)
勇者様は壺を割る。勇者保護法のせいで、俺たち一般人は文句を言うこともできない……でも、人の家に侵入して器物破損を繰り返す勇者がどうしても許せなくて、俺はこう思った。
「そうだ、壺職人になって勇者でも割れない壺を作ろう!」
 そのために、俺は苦しい修行を始めた。壺が割れなくてムキになるであろう勇者を嘲笑いたい一心で、魔法を極めた。剣術も極めた。こうして、満を持して力を手に入れた俺は――最強の壺職人になった。
 素材を集めるために凶悪なモンスターを狩り、壺作成に必要なアイテムを採集しに到達困難な秘境を巡り、耐久テストのために伝説のハンマーがほしくて所持者の魔王もヤった。全ては、勇者にも割れない壺を作るために!

■コメント
 八神鏡氏の作品

 ドラクエ系勇者が家宅侵入して壺を割る。それをSSにしたお話はときどき目にしますが、まさか主要登場人物全員が・・・・・・

勇者に婚約者を寝取られて全てを失った男、二十年後に新たな勇者に指名される。

更新メモ ( ゚д゚)<個人的にはこんな終わりも好き

SS
 本編 :https://ncode.syosetu.com/n0065eq/
小説家になろう 様

■紹介(抜粋)
主人公がみんなを見捨てる話。

■コメント
 いらないひと氏の作品

 一年ほど前の作品ですが、紹介するのをわすれていました。
 短編としてさっくりとよめ、時期的に予想すると追放系テンプレの初期作品かな?
 

やる夫達は戦後の裏舞台を戦い抜くようです

更新メモ ( ゚д゚)<戦後日本を舞台にした勢力戦争 

SS
 本編 :http://inzainewtown.blog.fc2.com/blog-category-258.html
だっておwwwキャンセル 様

■紹介(抜粋)
                                  【注意事項】

                                                           ・ ・ ・ ・ ・ ・
        本作は、戦後史上の実在の出来事・政党・団体・企業・個人などを元に構想されたフィクションです

        登場する出来事・政党・団体・企業・個人などは、基本的に架空のモノとお考え下さい

        本作には、特定の学説や思想信条や業績などの喧伝、あるいは誹謗中傷などの意図はありません

        そして、この物語を読んだからといって現代社会や日本史の試験の点数は上がりません

        史実を参考にしていますが、実際の史実や現実の世界の事象とは基本的に無関係です

        以上を了承して頂いた上で、スレ内で>>1へのご意見ご忠告や自由な議論などをして頂ければ幸いです

        あくまで、激動の時代を生きた全ての人々へ敬意を抱きつつ、>>1の想像によって作成された物語であります

        この物語を契機として、戦後史への一片の興味を抱いて頂ければ、幸いです

■コメント
 兵庫 ◆6ajHjVHvh.氏の作品

 オリジナル

 戦後日本。GHQに占領統治を受ける日本の東京。そこにシベリア帰りの少年兵やる夫が、政治と経済の戦争に飛び込むお話。

 

マジカル★エクスプローラー -エロゲの世界で主人公の友人になったようだけど、魔法が楽しいから役割半放棄して自分鍛える-

更新メモ ( ゚д゚)<結構好きなライン

SS
 本編 :https://ncode.syosetu.com/n2413ep/
小説家になろう 様

■紹介(抜粋)
日本の紳士の間で一世風靡した伝説の美少女ゲームがある。
それは『マジカル★エクスプローラー』通称マジエロだ。

俺はこのゲームのチートじみた能力を持つ主人公に、それも美少女ヒロイン十二人といちゃいちゃする主人公に、アペンドディスク(追加パッチ)によってヒロインが二十四人に増えハーレムに拍車を掛ける主人公になっていた!…………なんてことはなく、その横でへらへら笑う三枚目になっていた。

もちろん最初は絶望した。
当たり前の事だ。主人公だったら二十四人のヒロインを侍らし、チート無双が出来る。だが俺は三枚目だ。あてがわれるヒロインはいない。

だけど俺は主人公だとか、ヒロインなんかがどうでも良くなった。それは『魔法』に出会ったからだ。
魔法を使っているうちに、俺は魔法を興味を持ち、極めたいと思った。魔法で最強になりたいと思った。そして俺は決意する。

主人公の友人という役割を半分放棄して、魔法を鍛えよう。そして、
魔王ですらソロで倒すほど成長するマジエロ主人公。あのチートをぶっ倒そう。

……なぁんて思って修行してたんだけど、なんで俺がエロゲヒロインと仲良くなれたり、
エロゲの主人公みたいなイベントが頻発するんですかね?

※R15は保険。美少女ゲームを題材にしていますが、R18にならない程度のネタしか使わないためこちらにUPしてます。
※誤字脱字が多いことに定評があります(本当にすいません)。指摘いただければ、後ほど直すと思います。

■コメント
 入栖氏の作品

 エロゲによくあるおかしな設定を笑い飛ばしながら、すすむダンジョンもの。

 ノクターン(R18)でやらず、なろうで連載する当たり、覚悟を感じる作品。

To LOVEる-とらぶる-ダークネス ララ・サタリン・デビルーク メイドVer. 1/7 完成品フィギュア