提督生活 45日目(E5クリア)

 E4(アイアンボトムサウンド)をクリアしてから12日。先人の知恵を借り、資源とバケツをかき集め、ハイパーズを育成を行う。そしてE5(サーモン海域最深部)に出撃。
作戦期間は7時間。無事突破することに成功した。
※合間仕事したり、休憩したり、家事を手伝ったりしてたので、実際には19時間程度経過

■攻略開始時
 摩耶改 Lv62 15.5㎝三連装副砲x2、三式弾、32号対水上電探
 雪風改 Lv61 53㎝艦首(酸素)魚雷、10㎝連装高角砲、ダメコン 
 榛名改 Lv41 46㎝連装砲x2、三式弾、32号対水上電探
 金剛改 Lv71 46㎝連装砲x2、三式弾、32号対水上電探
 大井改 Lv57 15.5㎝三連装副砲x2、甲標的
 北上改 Lv61 15.5㎝三連装副砲x2、甲標的
 ※中央で削りするときは鳥海改がダメコンもって榛名改の代わりに参加

■攻略終了時
 摩耶改 Lv68 15.5㎝三連装副砲x2、三式弾、32号対水上電探
 雪風改 Lv65 53㎝艦首(酸素)魚雷、10㎝連装高角砲、ダメコン 
 榛名改 Lv43 46㎝連装砲x2、三式弾、32号対水上電探
 金剛改 Lv73 46㎝連装砲x2、三式弾、32号対水上電探
 大井改 Lv62 15.5㎝三連装副砲x2、甲標的
 北上改 Lv65 15.5㎝三連装副砲x2、甲標的

・ルート:中央直進(ラスト7回は北回り)
・作戦回数24回(ボス19回、お仕置き4回、大破撤退1)
・資源 燃料14k、弾薬10k、鋼7k、ボ5k、バケツ80個
・キラ付け用1-1を3周→3回出撃を繰り返し
・支援:前半は正空2、軽空2、駆逐2。後半から航戦2、軽空2、駆逐2。
 正空は加賀&蒼龍がE4でゲットしたばかりなのでLv1。戦艦も育てておらず5以下なので上記選択となった。

夜戦がはじまった瞬間、ワシのゴーストが逝けると囁いた

追伸
A勝利 13回、S勝利2回だが、レア艦は一個も引かず。むしろボス倒したら霧島が返ってきたぐらい。あれか?E4で轟沈した霧島が、実はラスボスだったという落ちか?!

追伸2。新規絵1じゃ釣られないつもりだったが、小学三年生(一応弱小提督)が言ったからには予約した。
艦隊これくしょん~艦これ~(週めくり) 2014カレンダー

提督生活 32日目

E-4(アイアンボトムサウンド)攻略に乗り出して3日目

E-3(サンタクロース諸島海域)攻略から9日目
愛する扶桑が、海域の特性で投入できないため、新たに金剛をLv10から育成開始。
25日目段階では0個しかなかった三式弾が、30日目段階で3つ準備できたため、攻略を決断したとも言える。

■攻略開始時
 金剛改 Lv44
 雪風改 Lv33
 島風改 Lv29
 夕立改2Lv56
 摩耶改 Lv40
 霧島改 Lv50

■攻略終了時
 榛名  Lv24(+23UP) 41㎝連装砲、15.5㎝三連装副砲、三式弾
 夕立改2Lv63(+6UP)  61㎝四連装(酸素)魚雷、10㎝連装高角砲、ダメコン
 鳥海改 Lv48        20.3㎝連装砲、15.5㎝三連装副砲、三式弾、ダメコン
 雪風改 Lv45(+12UP) 53㎝艦首(酸素)魚雷、10㎝連装高角砲、ダメコン 
 摩耶改 Lv52(+12UP) 20.3㎝連装砲、15.5㎝三連装副砲、三式弾、ダメコン
 金剛改 Lv57(+13UP) 41㎝連装砲x2、三式弾、ダメコン

 霧島……轟沈

 基本ダメコン装備だが、飛行場姫のトドメがさせず10回ほど戦った結果、「ダメコン外して火力UPさせれば」という書き込みを見た。これはある意味事実だろう。しかし、この手において運の無い私にとっては悪手であった。普段なら安全マージンを取り戦うのだが、さすがに疲れていたのか
 「一回ぐらい試してみるか」
と装備変更を指示し出撃を指示し

——轟沈

 その後、約1日ほど、放置し本日再チャレンジを行った。
 飛行場姫のHPは約50%からのスタート
 1.キラつけ必須※重要、明らかに被弾率が軽減
 2.決戦の援軍有(正規空母2、軽空母2、駆逐艦2)
 3.旗艦以外ダメコン装備。三式は4つ
 4.飛行場姫直前の段階で大破3は撤退。(しかし、キラつけ必須にしてから、大破は0~1だった)
 以上を鉄則として戦うこと5回。これで倒せなければ、終了と思いながら出撃。
 そしてE-4達成である。

 反省点は自分の運に自信が無いのにダメコンを外したこと。低レベル部隊なのだから、せめて三式弾を4つあつまってからE-4攻略を開始すべきだった。
 あとハイパーズがまだレベル30台のため参加できていない分、駆逐艦の雪風と夕立が頑張ってくれた。とくに雪風はほぼ毎回カットイン。最後もカットインで大ダメージ。味方ながら運60の理不尽さを痛感した。

とりあえず、E-5については正直どうなるかわからないが、ゆっくりと準備しよう。

クリア時の艦隊編成

いろいろ 感想

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語

小学3年の息子の要望で、地元の映画館見に家族3人で見に行った。

ちなみに、自分と息子はTV版は見ている。嫁さんは、息子が見てる時にとばしとばし見ていたそうだ。

 結論からいえば、息子は楽しみにしていただけに、気に入ったようだ。
 リアルでも気の強い男らしい女の子に引っぱりまわされるためか、杏子好きなわけで……そこが見れて幸せだったようだ。
 嫁さんとしては、後半をもっと掘り下げてストーリーを深くしてほしいと言っていた。
 まあ、原作をあまり知らないからこその意見だろう。事実、前知識があってナンボの演出や話だね~と、私も感じた。そして深みがほしいなとも思った。

 自分としては感想は救いが無いな~。でも、これも幸せってことで。

 しかし、今季は「レ・ミゼラブル」「銀魂 完結編」「パシフィック・リム」と続いただけに、爽快感というか後味の違いに戸惑ったりもした。TV版がいい具合に終わっていたのに、その先を作るとなるとその難しさが出たのかな?
 もっともファンは見ておくべき作品であることは変わらない。

 もちろん興行的にも成功するだろうし、DVDなども売れるだろう。しかし、やはり見る人を選ぶ作品だと思う。しかし、これはパシフィック・リムでも同じことを言ったが……

――――――映画館の大画面・大音量で見ないと勿体ない作品

と思う。

×××HOLiC・戻(1) (KCデラックス)

『xxxHOLiC』シリーズ最新作。
我が家では嫁さんとワシは、それぞれが買ってきた本を、無条件に読む。
ホリックについては、ワシも嫁さんもお気に入りだが、スバサとクロスした当たりから正直イマイチに思っていた。
前評判や設定など一切調べず、書店で見つけて読んだわけだが、ある意味一番好きだった時代の雰囲気があり良かった。この先、どのように進むか分からないが、やはり楽しみ無作品。

提督生活 25日目 その2

休日だが仕事が溜まっており、朝から鎮守府に報告書を提出して出社をする。
正直今日は海域攻略を予定していなかった。

仕事が終わったら息子と活動動画でもという話さえあったからだ。

しかし、運ということはこのようなことを言うのだろう。息子や妻との活動動画を見て、そのあと食事をしたのだが、その時手元の端末で何気なく戦術レポートを見てしまった。
そう、提督たちの情報をまとめる管理人(すでに情報部の様相を呈している)による、戦術レポートである。

「E-3海域における航空戦艦は、他戦艦と扱いが違い、不利益をもたらさない」

海域のルート選択の情報なのだが、私には

「E-3海域における扶桑は、他戦艦と扱いが違い、勝利をもたらす」

と読めた。
いや正確には、ゴーストが囁いたのだ。

そして3時間後。
E-3突破

ついに突破することができた。
さすがに日が浅いので、これ以上の進軍は難しい。資材も含めて一度備蓄せねば次の海域に打って出ることもできない。しかし、良い区切りとなったともいえる。

備考
艦隊司令部Lv51(大将)

E-3 サンタクロース諸島海域 撃破艦隊

隼鷹改 Lv42(九七式艦攻、彗星、紫電改二、15.5cm三連装副砲)
鳥海改 Lv35(20.3cm連装砲、12.7cm連装高角砲、61cm四連装(酸素)魚雷、21号対空電探)
霧島改 Lv42(41cm連装砲、15.5cm三連装副砲、12.7cm連装高角砲、21号対空電探)
扶桑改 Lv54(41cm連装砲、15.5cm三連装副砲、12.7cm連装高角砲、32号対空電探)
赤城改 Lv55(紫電改二、天山、彗星、九七式艦攻)
飛龍改 Lv55(零式艦戦52型、彗星、九七式艦攻、九七式艦攻)

合計10回進軍。
大破撤退:1
脇道それ:1(霧島の代わりに摩耶改がいた時)
ボス敗退:1(隼鷹改の代わりに最上改Lv15がいた時、決定力不足により敗退)
ボス戦闘:7

正規空母2の安定感がすごかった。ただしレベルも装備も イマイチのため、最後も扶桑の夜戦二連撃&クリティカルで偶々倒せた感じがする。たぶん、ここからは総力戦となるから、新人提督には厳しいのかもしれない。なんせ、今日の制作で初めて三式が出たぐらいだし。

レシピは10.90.90.30
正直E-4は、全体を底上げしてからだろうな。

提督生活 25日目

先日、鉄底海峡への侵攻作戦が発表された。

 若輩者の一人として、初日にE-1 「サーモン諸島海域」を突破することができた。初めての潜水艦型との戦闘であったが、夕立改にソナーなどを保持していない我が部隊は「九三式水中聴音機」を二機装備させることで、対処することができた。

 事故は、次の海域でおきた。

 E-2 「ルンバ沖海域」、夜間侵攻による夜戦主体となる海域である。
 私は夜戦というものを正直侮っていた。
 
 駆逐艦4 重巡1+扶桑の編成で、ボスのポイントまで直行できたため、何気なく戦うことができた。あと、2回ほどでボス撃破というときに、事故は起こった。

 ――――――吹雪の轟沈

 ボス接敵前に中破。ダメコン未装備。夜戦なら一撃で轟沈の危険性がある。しかし、当時の私は愚かにも進軍を指示してしまった。結果が我が最初の副官にして、この一月の苦楽を共にした吹雪の轟沈である。

 そこで以下のルールを設定した
 1.駆逐艦にはダメコン装備
 2.ダメコン未装備の艦艇が「中破」した場合は、撤退を選択
 3.ダメコン装備の有無に関わらず「大破」した場合は、撤退を選択
 4.扶桑は うつくしい

 このルールを守りつつ、急遽摩耶改を第一艦隊に昇格。
 結果、海域侵入二日目の朝になんとか任務を達成することができた。
E-2 クリア艦隊

 しかし、これは運命だろうか。
 ボス撃破時に、吹雪を再会することができた。
 無論、アノ吹雪では無いことは重々承知している。しかし。深海棲艦の一部は元艦娘であるという事実もある。アノ吹雪が戻ってきたと……ごく低い確率ではあるが、あり得ないことは無い。
 そう。
 世の中に、「あり得ない」ということは、「あり得ない」のだ。

備考
 艦隊司令部Lv50(大将)
 
 E-2 ルンバ沖海域 撃破艦隊

 夕立改 Lv52(10cm連装高角砲、12.7cm連装砲、61cm四連装(酸素)魚雷)
 雪風改 Lv32(10cm連装高角砲、12.7cm連装砲、応急修理女神)
 島風改 Lv26(10cm連装高角砲、12.7cm連装砲、応急修理女神)
 摩耶改 Lv34(20.3cm連装砲、15.5cm三連装副砲、12.7cm連装高角砲、21号対空電探)
 霧島改 Lv39(41cm連装砲、15.5cm三連装副砲、12.7cm連装高角砲、21号対空電探)
 扶桑改 Lv52(41cm連装砲、15.5cm三連装副砲、12.7cm連装高角砲、32号対空電探)

 正直、46cm連装砲すら持っていないなか、精一杯の装備。
 吹雪改が轟沈後、摩耶改となったが、ボスとは6回ほど戦闘しているが、ボス直前で北ルートに逸れたのは1回だけ。それまでのルートも撤退はあったものの、すべて直進ルートであったことを、ここに記す。

社怪人の余暇