2019年7月30日火曜日

【和風ファンタジー 人買い R-15】龍と人が催す、終わらぬ贄食の宴


更新メモ ( ゚д゚)< 夜叉であろうと何時迄も若い妻の姿は憧れる。しかし素で嫁さんの前で言うと殺されるので言えない。


SS
 本編 :http://www.mai-net.net/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=all&all=37967&n=0&count=1
アルカディア 様 

■紹介(抜粋)
戦国時代の日本と似て非なる異世界の島国・和国。
皇祖神を奉じる神宮の社領・伊勢では、圧政に耐えかねた民衆が、天竺より来訪したという龍神の加護を受けて蜂起した。神宮を倒して下克上に成功し、一揆衆による新体制となった伊勢は、幕府や近隣州とにらみ合いつつも、特産品である医薬の交易を再開した。
「龍神様の霊験あらたかな伊勢の薬はいらんかね。労咳、疱瘡、蝮毒、癌、治らぬ病などありはせぬ。お代は一服百文也。少々値は張るが、命の代価と思えば安い物。銭がなければ、代わりに赤子一人でも結構だよ」
旅の薬売り兼人買いが主人公の、和風ファンタジーです。


初作品です。
アンモラルな要素、特に劇中人物が差別を肯定する場面を含む箇所がありますので、苦手な方は御注意下さい。
現実の差別を助長する意図はありません。
ストーリー上、若干の性描写が含まれる話もありますが、該当話にはR-15表記を付記します。
中盤以後、ディストピア風味の内政要素も入れて行く予定です。

※「小説家になろう」にも併載しています。

Twitterのアカウントは右記です。 @69fighter


■コメント
 トファナ水氏の作品
 
 オリジナル。
 時代は戦国時代、夜叉と人の妖しいお話。
 
 若干アンモラルな表現はあるものの、それはそれ。
 なかなか面白いのでおすすめ。ただし第六話になり、若干中だるみを感じるかもしれない。
 その辺は好みの差が別れるかも……